公開中の曲

このサイトは、Netscape Comunicator 4.X及びInetrnet Explorer 3.Xに対しては、強制的にCSSを解除しています。ご了承下さい。


完成した曲を、RealAudio形式とMP3形式で公開しています。

RealPlayerをお持ちでない方は、RealNetworks社のサイトから入手して下さい。

MP3再生用ソフトをお持ちでない方は、ネット上に幾らでもありますので、ご自分で入手して下さい。(今時大抵のパソコンには標準で付いていると思います)

各曲には、それぞれ感想を書き込んでもらえる掲示板を設けています。一言でも感想を書き込んでもらえるとうれしいです。


スペイン風四重奏曲第一番
公開日1999-08-07
RealAudio形式(ストリーミング再生)SpanishQuartetNo1.ram
MP3形式(約1880kB)SpanishQuartetNo1.mp3

解説

クラシック調です。というか、クラシックのサキソフォンアンサンブル用の曲です。編成は、ソプラノサックス、アルトサックス、テナーサックス、バリトンサックス各1本です。(MIDIシーケンサ&音源は録音時のみ使用しました)

サックス4本だけでメロディーだけでなくリズムやコードも担当しなくてはいけない上、どの楽器にも見せ場を作ろうと考えてしまったせいで、曲を作るのに大変時間がかかってしまいました。しかも、自分で作った曲なのに難しくて吹けないという事態が発生し、録音にも手間がかかってしまいました(結局きちんと吹けてない)。

本当は、3楽章立ての曲の第3楽章にしようと思っていたのですが、こんなに手間取ってしまうならそれどころではないと思い、これで1曲とします。

第1主題を元にしたイントロの後、ソプラノサックスがリードする短調の第1主題、アルトサックスがリードする長調の第2主題と続き、第1主題がテナー、バリトン、アルト、ソプラノの順でフーガで繰り返されます。そしてカデンツァ風のソプラノサックスのソロの後、エンディングとなります。

短い曲ですが、色々詰め込んでいます。


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このサイトで提供する全ての音楽及び文章をクリエイティブ・コモンズの「帰属」ライセンスで公開します。