楽団紹介

このサイトは、Netscape Comunicator 4.X及びInetrnet Explorer 3.Xに対しては、強制的にCSSを解除しています。ご了承下さい。


演奏に使用している楽器や、曲づくりと録音に使用している機材、また、楽団のメンバー(といっても1人しかいませんが・・・要するにプロフィールということです)を紹介します。


楽器編

テナーサックス

H.Selmer
 SuperAction80

テナーサックス写真

H.Selmer
 S80 C*

テナーマウスピース写真1

Ralph Morgan
 Excalibur 7E

テナーマウスピース写真2

1986年購入

高校2年からずっと使用している愛器です。

新品からずっと吹き込んできているので、もはや、自分の音イコールこの楽器の音、といった感じで、不満点も全くありません。自分の体の一部、といった感じ。

使用マウスピースは、クラシックの場合セルマーS80のC*(定番ですね) 。

ジャズの場合モーガン エクスカリバーの7Eを使用しています。

このエクスカリバーというマウスピース、1990年当時レッスンを受けていた先生の勧めで買ったのですが、息が入れやすく、表現が付けやすいので非常に気に入っています。

ソプラノサックス

H.Selmer
 Mark VI

ソプラノサックス写真

H.Selmer
 S80 C*

ソプラノマウスピース写真1

H.Selmer
 Super Session E

ソプラノマウスピース写真2

1990年購入

大学2年のとき、当時レッスンを受けていた先生の仲介で買った楽器です。

当時はビッグバンドと吹奏楽と両方やっていた時代で、テナー奏者の持ち替え楽器の定番はやはりソプラノサックス、というのと、クラシックのアンサンブルで本格的な曲は大抵ソプラノ入りの編成なのとで、どうしても吹いてみたかったのです。

買うとき、ちょっと高音が出しにくいなと感じたのですが、その時は自分が未熟なせいだと思って購入して、実は未だに高音は出しにくいです(笑)。いつの日か、もうちょっと高音が出しやすく、ついでにネックがセミ・カーブドなタイプの楽器に買い替えたいと思っていたりします。

使用マウスピースは、今のところクラシック、ジャズ共にセルマーS80のC*で吹いています。

2003年、ジャズ用にセルマー スーパーセッションのEを購入しました。結構表現の幅が広くとれそうなマウスピースで、期待しています。

アルトサックス

A.Selmer
 Mark VI

アルトサックス写真

H.Selmer
 S80 C*

アルトマウスピース写真1

Ralph Morgan
 Excalibur 6E

アルトマウスピース写真2

1993年購入

社会人になって初めて買った楽器です。

当時所属していた吹奏楽団ではアルトを吹く機会が多く、借り物じゃなくて自分の楽器が必要と思い購入しました。吹奏楽で使うつもりなのに何故アメセルを買ったのかは、今となっては謎です(笑)。

さすがにアメセルだけあって、軽い息で反応してくれるし、ジャズらしい音がするのですが、クラシックで使うとどうしても音にエッジが立ち過ぎてるというか、ふくよかさが足りない感じがしてしまいます。ネックを金メッキのものに替えてみたらどうなるかなと密かに思っていたりします。

使用マウスピースは、テナーと同じでクラシックの場合定番のセルマーS80のC* 。ジャズの場合テナーで非常に気に入ったモーガン エクスカリバーの6Eです。ソプラノやバリトンにもモーガン エクスカリバーがあればいいんですが、ないんですよね・・・

バリトンサックス

Yanagisawa
 B-880

バリトンサックス写真

H.Selmer
 S80 D

バリトンマウスピース写真1

Meyer
 7MM

バリトンマウスピース写真2

2003年購入

3年ぶりにこのサイトでの活動を再会するにあたって、それまで借り物だったバリトンサックスを購入しました。これでとうとうソプラノからバリトンまで4種類揃ったことになります。

これだけヤナギサワなのは、セルマーが高すぎるから(泣)。まあ、この年になって、結局は楽器よりも腕前。と思えるようになったとも言えます。

実際、かなりいい音がします。特に、ジャズ用のマウスピースとしてメイヤーの7番を買ってからは、とても柔らかくて優しい音が鳴るようになって、満足しています。

使用マウスピースは、クラシックの場合セルマーS80のD。ジャズの場合メイヤーの7MMを使用しています。

フルート

Sankyo
 Silver Sonic

フルート写真

1990年購入

大学時代、秋吉敏子さんのビッグバンドの曲をやりたくて購入しました。サックスとフルートの持ち替えの曲が多いんですよね。

当時レッスンを受けていた先生が、フルートも教えてくれる先生だったため、サックスと一緒にレッスンを受けたりしたのですが・・・結局あまり上達しなかったです。

ある意味「封印しておきたい過去」だったのですが、「潮風のボサノバ」でどうしてもフルートの音を入れたくなり、10年ぶりに吹いてみたところ、下手ながらもどうにか使えそうかな、と思ったので加えてみました。

下手なのでソロとかは出来ません。あくまで効果音みたいなものとして使うのはこの先もアリかなと思っています。


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このサイトで提供する全ての音楽及び文章をクリエイティブ・コモンズの「帰属」ライセンスで公開します。